屋外映画楽しむ市民 「小樽キネマ祭」花園3丁目会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kinema.jpg 6月14日(土)から始まった水天宮祭りに併せて、15日(日)、屋外スクリーンで映画を楽しむ「小樽キネマ祭」(花園3丁目会主催)が、花園映画劇場跡地で行われた。
 今年は、会場中央に5m×3mの大きなスクリーンを設置。小樽で幼少期を過ごした故・石原裕次郎主演の映画や、小樽の歴史映像を上映した。
 祭りに足を運んだ市民たちが、次々に会場に訪れ、焼きそばやスパゲティ、フランクフルトなどを食べながら、映画鑑賞を楽しんだ。会場には、バルーンアートや創作指輪コーナーもあり、子供も大人も一緒に興じていた。
 市内在住の女性は、「12:00に早速来ました。昔みたいに家の近くで映画が見られるというので、楽しみにしていました」 と、スクリーンに映るスター・裕次郎の姿を見つめていた。
 花園3丁目会では、「去年から比べると、お客さんも増えて、少し馴染みを持ってもらったような気がする」 と喜んでいた。
 関連記事1