12月市議会(第4回定例会)開く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市議会第4回定例会(12月市議会)が、12月2日(火)から開会した。
 13:00から本会議が開かれ、山田勝麿市長は、議会に提案した議案34件と報告1件の説明を行った。
m4-1.JPG 平成20年度一般会計補正予算について、「生活困窮世帯に対する特別の措置として、灯油購入経費の一部を助成するための所要の経費を計上するもので、昨年度より支給対象を拡大して実施するものであります。一般会計の補正額は、3億1,042万8,000円の増となり、財政規模は563億5,234万7,000円となりました」と説明。このほか、各会計の補正案、手数料条例や病院事業条例などの改正案の説明を行った。
 病院事業使用料及び手数料条例案については、「病院事業に地方公営企業法の全部適用するため病院事業条例を病院事業の設置等に関する条例に改正することに伴い、これまで病院事業条例で定めていた使用料及び手数料について別に定めるため、新たに条例を制定する」。
 専決処分報告では、「一般会計において校舎耐震診断事業費の予算を措置するため、同会計の補正予算について平成20年10月20日専決処分した」とした。
 第4回定例会は、12月22日(月)までの21日間。日程は、8日(月)・9日(火)に会派代表質問、10日(水)一般質問、11日(木)・12日(金)・15日(月)予算特別委員会、16日(火)各常任委員会、17日(水)学校適正配置等調査特別委員会、18日(木)市立病院調査特別委員会、22日(月)本会議となっている。
 関連記事1 関連記事2 
 第4回定例会日程