ロウソク作りの講座に参加しませんか 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 10日後に開催する「第11回小樽雪あかりの路」にちなみ、市総合博物館(手宮1・土屋周三館長)は、ロウソク作りの講座を開催する。
 講座は、「ワックスボウルを作ろう」、「蜜ろうからキャンドルを作る」、「色つきロウソク作り」の3種類。
 「ワックスボウルを作ろう」は、雪あかりの路開催前の1月31日(土)10:30~11:30・14:30~15:30、同館実験室で行われる。実際にイベントで使用しているワックスボウルの製作体験となっている。各回25名先着で、入館料と材料費500円が必要。 こちら
 「蜜ろうからキャンドルを作る」は、イベント期間中の2月7日(土)13:30~15:30、実験室で行われる。ハチミツの甘い香りがするヨーロッパキャンドルを作る講座となっている。先着30名で、入館料と材料費500円が必要。 こちら
 2講座の申し込みは、電話・FAX・メールで受け付けている。電話0134-33-2523・FAX0134-33-2678・メール museum@city.otaru.hokkaido.jp
 「色つきロウソク作り」は、雪あかりサイエンス広場として、期間中の2月11日(水)10:00~12:00・13:00~16:00に行われる。水に浮く、色つきロウソクを作る。入館料のみ。 こちら
 入館料:一般300円、高校生と70歳以上の市内在住者150円、中学生以下無料