銭函の漁師・桜井さんが人命救助 小樽海保が感謝状

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kaihosakurai.JPG  小樽市銭函の漁師・桜井俊博さん(58)が、銭函海水浴場でゴムボートから転覆した釣り人1名を救助したことで、6月3日(水)、小樽海上保安部(港町5・村田織彦部長)は感謝状を贈った。
 桜井さんは、5月12日15:00頃、ホッキ漁を終えて番屋に戻ると、同海水浴場の沖合い約300m辺りで、ゴムボートに掴まって救助を求める男性を発見した。直ちに救急車を手配するとともに、漁船第2悠俊丸(1.7トン)で現場に急行。船内に引き揚げて救助し、陸まで運んで救急車に引き渡した。
 この人命救助の功績を称えるため、小樽海保は、桜井さんに感謝状を贈った。桜井さんは、2003(平成15)年、2007(平成19)年の過去2回、人命を救助している。「漁師をやっているから、何も躊躇することなく、ただ体が動いた」と話していた。