「病院問題についての懇談会」 9/4 量徳小で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市病院局(市立小樽病院内・並木昭義局長)は、9月4日(金)18:30~19:30、量徳小学校体育館(若松1)で、「病院問題についての懇談会」を開く。
 これは、市教育委員会が7月2日に量徳小学校で開いた「小樽市立小中学校 学校規模・学校配置適正化基本計画(素案)」地域説明会で出された質問や意見に答え、病院の現状や課題を説明する場となる。
 病院局では、「量徳小学校の場所が病院敷地に適している理由は? 学校と病院、両方建てることの検討は? 学校と病院問題は別々に考えるできではないのでは? など多くのご質問やご意見をいただきました。こうしたご質問にお答えしたい」としている。
 当日は、「新病院は、量徳小学校と今の病院の場所を合わせて建てた方が良い」と山田勝麿市長に提言した並木昭義病医局長も出席する。
 関連記事