参院選 期日前投票は低調

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kijituzen.jpg 6月24日(木)に公示され、7月11日(日)投票の「第22回参議院選挙」。北海道は、改選2議席に対し、6人が立候補している。
 小樽市は、25日(金)から、市役所別館3階に期日前と不在者投票の会場を設置。7月11日(日)に投票所に行けない有権者たちが会場に赴き、一票を投じている。
 市選挙管理委員会によると、小樽市の選挙人名簿定時登録者数(6月23日現在)は、11万5,529人(男5万1,493人・女6万4,036人)。
 27日(日)現在の期日前投票状況は、821人。前回の2007年参院選と比べると223人少ない。市選管では、「期日前投票が始まってから暑くなったから出無精なっているのか。原因は分かりません」としている。
 立候補者は、民主党・徳永エリ(48)、幸福実現党・大林誠(37)、自民党・長谷川岳(39)、みんなの党・中川賢一(43)、共産党・畠山和也(38)、民主党・藤川雅司(53)の6人。
 小樽市選挙管理委員会
 参議院議員通常選挙
saninsen.jpg