堺町ゆかた提灯祭り 「織姫の会」が無料着付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


yukatakituke.JPG 「和の文化で女磨き」を合言葉に結成した「織姫の会」(本多恭子代表)は、お盆の8月14日(土)・15日(日)の2日間、堺町通りで開催される「第1回小樽堺町ゆかた提灯祭り2010」に併せ、無料で浴衣の着付けを行う。
 同会は、国道5号線沿いにある美容室Twinkle(稲穂1)の本多さんが、「和の文化の良さを振り返りながら美しい女性になりたい」と結成。7月30日(金)に、第1回浴衣着付け体験教室をたちかま料理「惣吉」とお宿「桜井」で開き、14名の男女が浴衣の着付けを通して、和の文化を学んだ。
 ゆかたコンテストなどのイベントがある「第1回小樽堺町ゆかた提灯祭り2010」の2日間、同会メンバーで浴衣レンタルを行う「乙女のきもの」(堺町2) の協力で、無料で浴衣の着付けを行うことにした。「浴衣をテーマとしたイベントなので、少しでも多くの人に浴衣を着てもらい、和の文化に触れてもらいたい」としている。浴衣のレンタルもある。
 また、美容室Twinkleでも、14日(土)のみ浴衣の着付けサービス(限定2名)を行う。いずれも、「小樽ジャーナルを見た」との電話予約が必要。(写真提供:乙女のきもの)
 問合せ・予約:0134-61-7447(乙女のきもの)、0134-27-2124(Twinkle)