《市長選》 森井氏がマニフェスト発表 3陣営の政策出揃う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


moriikouyaku.jpg 次期市長選(4月17日告示・24日投開票)に立候補を表明している森井秀明元市議会議員(38)が、3月18日(金)14:30に、「2011 マニフェスト原案」なる公約を発表した。
 市長選の公約では、最初に佐藤静雄元衆議院議員(69)が2月16日(水)に発表し、これに続き自公民と連合小樽・商工会議所の5団体推薦の中松義治元商工会議所専務理事(64)が3月8日(火)に発表していた。森井氏の公約発表は、2氏に遅れての発表となった。
 森井氏は、「小樽の古いしがらみ政治をぶっ壊します!」とし、小樽市立病院をよりコンパクトにすることや市営住宅建設で市街地活性化、地域の特性を生かした街づくりなど10項目を掲げ、無料動画ライブ配信サイト「USTREAM」でネット配信した。
 次期市長選に立候補を表明している3陣営の公約が出揃ったことで、小樽市の新たなリーダーを選ぶための政策を比較することが出来るようになった。
 関連記事
 「2011 マニフェスト原案」