初企画!夜の水族館 イルカやトドのナイトステージ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 おたる水族館(祝津3)は、期間限定で「夜の水族館」を初公開する。普段観られない、夜ならではの水族館の様子を楽しめる企画を用意している。
 群れで泳ぐ鯖や眠りにつくセイウチなど、夜だからこそ観られる様子に遭遇できたり、夕日とコラボレーションしたトドのダイビング、神秘的なイルカのショー、夜の海獣公園散策など、夜の水族館はワクワクさせる。
 期間は、7月15日(金)から8月6日(土)までの金曜日と土曜日の8日間限定。営業時間は、9:00から20:00まで(入館は19:30まで)とした。
 飼育係だけが知っている夜の水族館を、多くの人に楽しんでもらおうと、様々な催しを用意。
 晴れた日の海獣公園の夕暮れ時は、オレンジ色に染まり美しい風景に包まれる。その光景の中で、トドのダイビング(18:40〜18:50)は幻想的。終了後は、昼間と違う表情を見せる夜の海獣公園の動物達を案内してくれる。
aqua-Night.jpg イルカショー(19:10〜19:30)もライティングを変更し、ナイトバージョンでダイナミックなショーを展開する。
 また、夜の水族館ライブを、M’sBANDのJポップメドレーやカナルによる琴アンサンブルを同館2階レストランで、自然の音を組み合わせたChiharuMKによる演奏会を、パノラマ水槽前で予定している。
 イルカスタジアムの地下観覧スペースで、小樽商科大学大津ゼミによるカフェバー「社会実験カフェ」を開催する。
 夏限定イベントでは初の試みの、トレーナーがイルカと一緒にプールに入り、ダイナミックな演技を披露。7月16日(土)から8月31日(水)まで11:30と14:30の2回、女の子のイルカ2頭がトレーナーと共演する。
 観覧通路の床にデジタルマッピングで水族館を映し出す「フロアマッピング」も、11月27日(日)まで実施する。
 世界自然遺産登録10年が経ち、知床の自然にスポットを当てた特別展「知床ー豊かな自然ー」を、7月16日(土)から11月27日(日)まで開く。知床に生息する生物や魚、鳥類、昆虫、植物なども紹介。ジオラマ風で知床を再現している。
 おたる水族館HP