売上の一部を寄贈 コカ・コーラボトリング(株)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 北海道コカ・コーラボトリング株式会社(本社:札幌市清田区・佐々木康行代表取締役社長)は、小樽市役所(花園2)別館1階に設置されている災害対応型自動販売機の、2018(平成30)年10月1日~2019(令和元)年9月30日の売上1本につき10円分・計63,430円を、「小樽ファンが支える ふるさとまちづくり資金基金」へ寄贈した。

 その贈呈式が、10月25日(金)9:30から市役所2階市長応接室で開かれ、道南営業部高桑真吾部長から迫俊哉市長に目録が手渡された。

 2008(平成20)年9月に同市と同社の間で、歴史的な産業遺産等を生かした個性豊かなふるさと作りの活動を応援するため、「小樽ファンが支えるふるさとまちづくりへの寄附に関する協定」を締結。

 その後、2009(平成21)年から寄贈を続け、11回目を迎えた。寄附総額は980,469円にも及ぶ。

 迫市長は、「市民の皆さんが行うふるさとまちづくり団体に助成をさせていただき、大変心強く感じている。図書充実にも力添えをいただき感謝している」と話した。

 高桑部長は、「同社は地域の方々に支えられている。恩返しさせていただくことが使命です」と話した。

 同所に設置の災害対応型自動販売機は、平常時に防災情報や地域情報を配信し、地域住民の防災意識の高揚を図り、災害発生時には、災害情報や商品の無料提供、並びに飲料物資の供給を行う。

 ◎北海道コカ・コーラボトリング株式会社HP(外部)

 ◎関連記事