商大プレクトラムアンサンブル 12/1定期演奏会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小樽商科大学(緑3)の学生団体マンドリン・オーケストラ「プレクトラムアンサンブル」(中野彩香部長)は、第51回定期演奏会・マンドリンコンサートを、12月1日(日)14:00から、小樽市民会館(花園5)大ホールで開く。

 

 中野部長は、「1人でも多くの方に聴いてもらい、興味を持っていただければ」と来場を呼びかけた。

 

 同部は、創立51年を迎えた伝統あるサークルで、現在、1~4年生44名が所属し、マンドリンの他に、マンドラ・マンドセロ・クラシックギター・コントラバスで構成し、繊細で澄んだ音を奏でる魅力あるコンサートを行なっている。定期演奏会は集大成となり、一致団結した力の見せ所だ。

 

 3年生が主体となり、部長やコンサートミストレス、広報など、しっかりとした組織で運営し、札幌市民芸術祭や同大入学式、地域のイベント、ホテルやレストラン、老人ホームでも演奏を披露している。

 

 選曲も3年生が行い、3部構成のプログラム。1部と3部は、「群炎Ⅱ」や「オリエントの航跡」など、マンドリンクラシックを集め、2部は、ポピュラーな馴染みのある曲で、全10数曲を盛り込み、各パートリーダーのアンサンブルや楽器の紹介もある。

 

 広報担当の諸越真鈴さんは、「HPもリニューアルし、パンフレットもデザインを変えた。これまでのメインターゲット層だけではなく、学生世代にも広げたい」と話した。

 

 チケット取扱店:小樽市民会館(花園5)、小樽商科大学学生生協(緑3)、玉光堂小樽本店(稲穂2)。前売400円・当日500円・小学生以下と65歳以上無料、11月初旬発売開始。

 

 ◎プレクトラムアンサンブルHP(外部)