インターネット公売を初実施 市の差し押さえ物件

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市は、Yahoo!JAPANのオークションシステムを利用して、今年度から初めてインターネット公売を実施する。
 インターネット公売は、市税の滞納によって差し押えた財産を売るためのツールとして、市が試行的に導入。第1回は、4月14日(火)13:00~30日(水)17:00に参加申込、5月8日(金)13:00~11日(月)に入札となっている。
 今回の差し押え物件は、インテリア壁掛け絵皿美人画や大きな絵皿(青色)、鷹の置物など6点。いずれも見積価額は1,000円。市では、4月17日(金)9:00~17:00、市役所消防庁舎6階・第3会議室で下見会を開催する。
 「今回は、試行的実施。品物がかけていたりプラスチック製だったりするので、入札金額は期待出来ない。しかし、今後、差し押さえ物件の数を増やし、他市町村のように不動産の売買も行いたいと考えている」(市財政部納税課)としている。
 インターネット公売への参加は、Yahoo!JAPANのIDを取得して参加申込をするだけ。
 インターネット公売