霧の中に咲く大輪の華 ウイングベイ小樽 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


tikkohanabi.JPG 6月27日(土)20:00~20:15、霧に包まれた小樽築港の夜空に800発の大輪の華が咲いた。
 これは、ウイングベイ小樽の花火大会。今夏予定している三夜のうちの第1回目。
 市内で開催される花火大会の中でも一番早く、大勢の市民が会場に訪れたが、生憎の濃霧で、大輪の華の全輪を見上げることが数回しか出来なかった。
 「残念だわ」、「下の方の花火なら見えたけど、風もないし、全然見れない」と残念がる声が多かった。
 クライマックスの枝垂花火の連発も、霧と煙の間から、わずかに金色の華が顔を覗かせるだけとなった。
 ウイングベイ花火大会は、7月18日(土)・8月1日(土)も予定されている。問い合わせ先:0134-21-5000 ウイングベイ小樽 http://www.wingbay-otaru.co.jp/
 関連記事
 YouTubeチャンネル