小樽運河を背景に浅草橋JAZZスクエア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽運河を背景に、ノスタルジックなJAZZが響き渡る。8月14日(金)から16日(日)の3夜、「OTARU 浅草橋JAZZスクエア・2009」が、小樽運河浅草橋街園で開催される。
 小樽と道内のまちづくり市民団体・小樽フロンティア事業実行委員会の主催。「近代小樽に向けての歴史的空間演出と、生活都市だからこそ人々の賑わいをもっと奏でたい」とスタートし、今年で11回目を迎える。
 イベントは、8月14日(金)から16日(日)までの3日間。札幌や千歳など道内のアマチュアバンドが出演し、ノスタルジックなJAZZミュージックを小樽運河に響かせる。14日(金)はスウィングジャズナイト、15日(土)・16日(日)は、渡辺文男トリオをはじめ、7歳と6歳のピアニストも登場する。
 ビールの販売も行われる。グラスを片手に、小樽運河と倉庫群を背景に奏でられるJAZZを気楽に楽しむことが出来る。
 関連記事