「能を楽しもうプロジェクト2009」発表会 11/8

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 旧岡崎家能舞台を生かす会(三ツ江匡弘会長)は、9月から開いていたこども限定の「能を楽しもうプロジェクト2009」の発表会を、11月8日(日)14:00~17:00、住吉神社・社務所で開く。
 同会は、能の基本を稽古しながら10回の講座を開いた。稽古のほか、子供たちが楽しめるようにと、和菓子づくりや能舞台の模型づくりなども交えた。
 能を学んだ子供たちは、11月8日(日)が最終日で、「鶴亀(つるかめ)」と「羽衣(はごろも)」の一部分を披露する。
 この発表会後には、「能をより強く感じ、能の理解を深めるきっかけを促したい」(三ツ江会長)と、小樽在住の能面作家・外沢照章氏による講座「能面を打つ」を開催する。能面の生い立ちや能面製作の行程についての説明が行われる。
 いずれも入場無料。問合せ:0134-22-8713
 関連記事