集魚灯に釣られ集まる市民!「おたるいか電祭り」  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 「第20回+1回おたるいか電祭り」が、8月28日(土)・29日(日)の2日間、小樽の下町・手宮の十間広場周辺で開かれている。集魚灯と香ばしいいかの匂いに誘われ、多くの市民が会場に足を運んでいる。
 昨年20年を迎えた手宮の恒例イベント。主催の同実行委員会(山下秀治実行委員長)は、新たな10年に向かい、第20回+1回と冠し、開催した。
 模擬店や縁日コーナーのほか、オールディーズやYOSAKOI、小樽はまなす会、タヒチダンスなどのステージイベント、いか電ビンゴゲーム大会などを行う。
ikaden.jpg 初日の28日(土)は、「studio♪FLASH」のダンス、「ヤッチ&セーラーズ」のオールディーズライブで景気付けし、「心に残るいかした」ことをした小樽っ子の表彰式も行った。
 この日は天候にも恵まれ、手宮っ子をはじめ大勢の市民が会場に足を運び、いか焼きをつまみにビールでのどを潤していた。大人も子供も大勢手宮の十間広場につめかけ、大きな笑い声を響かせていた。
 今ではすっかり縮小した手宮の商店街だが、この2日間だけは、往時の賑わいを取り戻すかのような人出となっている。
 29日(日)は17:30から、いか電ビンゴゲーム大会が行われる。ニンテンドーのDSライトやWiiなどのゲーム機、毛がになど豪華景品が用意されている。
ikaden.jpg