自民党小樽支部 追加公認候補者3名を発表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 自由民主党小樽支部(駒田久人支部長)は、1月24日(月)、4月の小樽市議会議員選挙の追加公認候補者3名を発表した。
 同支部では、昨年12月、現職と元職の計7名を第1次公認候補者として発表し、市議会定数(28)の過半を目指し候補を追加擁立することで精力的に動いていた。
 このほど発表された追加公認候補者は、元小樽市PTA連合会会長で主婦の川眞田俊子(53)、宗教法人真正寺副住職の上野智真(37)、サカイ保険サービスの酒井隆行(37)の3氏。現在、自由民主党北海道支部連合会に申請中。決定すれば、自民党小樽支部の公認候補者は10名となる。
 同党小樽市議会議員会の現在の議席は11人で、駒田支部長は、「10人態勢となるがまだ候補者を探している」としている。
 関連記事