センター試験始まる!小樽商大に志願者538名

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


centertest1.jpg 平成30(2018)年度大学入試センター試験が、1月13日(土)・14日(日)の日程で始まった。
 全国695会場で、志願者数は、前年より6,704人多い58万2,671人。現役志願者率も、過去最高の44.6%を占めた。
 後志管内唯一の試験会場である小樽商科大学では、昨日の大雪も収まり、心配していた交通機関の乱れもなく、志願者数は、前年よりも52人少ない538人(男287・女251)。そのため、試験室も昨年より1室少ない8室を設置し、8:30から入室可能となった。
centertest2.jpg 受験生は、家族が運転する車で見送られるなど、8:00過ぎに次々と試験会場に到着。校門では、塾や高校の先生らが出迎え、「頑張れ!」とエールを贈った。
 第1試験室(104講義室)では100名が入室。緊張が漂う中、係りから携帯電話等の受験上の注意事項や説明の後、地理歴史・公民の問題冊子と回答用紙が配布された。
 13日(土)9:30から、地理歴史・公民の試験がスタートし、国語・外国語・英語(リスニング)が行われ、18:10に終了。
 14日(日)9:30から、理科①・数学①・数学②・理科②が行われ、17:40に終了を予定している。
 大学入試センター
 関連記事